×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダンスインザダークとは

競走馬名:ダンスインザダーク

G1馬ダンスパートナーの全弟と期待を一身に集めた社台ファームが自信を持って送り出した良血馬である。 ポンポンと弥生賞を勝ち重賞制覇を果たし順調に皐月賞を目指していたが、直前の熱発により回避することに。
その後は再調整され、ダービートライアルであるプリンシパルSに駒を進めてを順当に勝利。 意気揚々と日本ダービーへと駒を進めたが、遅れてきたカーリアンの外国産馬フサイチコンコルドの強襲にあい2着に終わった。

順調に夏を過ごし、秋初戦となった京都新聞杯(G2)を完勝すると、クラシック最後の一冠・菊花賞に駒を進める順調ぶり。 フサイチコンコルドが秋初戦のカシオペアステークスで2着と敗れていたこともあり、同馬を抑えて1番人気に支持され初G1制覇は近いと誰もが考えていた。 その想いが強すぎたか、レースでは最後の第4コーナーで前が壁になってしまい、スローペースの中で直線に入ったときには12番手という絶望的な位置取りだった。 だが、末脚を信じていた武豊は焦ることなく馬群の隙間を見つけ追い出すと、ダンスインザダークもそれに応えるかのように上がり3ハロン33秒8という豪脚を繰り出し、 ロイヤルタッチ、フサイチコンコルドといったライバルを鮮やかに差しきる完勝で最後の一冠を手にしたのだった。

しかし、その激走の代償は大きく、菊花賞の数日後に屈腱炎を発症している事が確認された。 検査の結果、復帰は難しいと判断されたため、そのまま引退し種牡馬になることが決定した。 大川慶次郎、井崎修五郎といった評論家の中での評価は高く、古馬になってからの活躍は間違いなかったと言われている。

ダンスインザダークの血統

サンデーサイレンス 母ダンシングキイ(ニジンスキー)

父のサンデーサイレンスは、日本で活躍し数々のG1馬を産み出した大種牡馬。
3冠馬ディープインパクトを送り出し名声を不動のものとした。

母のダンシングキイは、ダンスパートナー、ダンスインザムードなどのG1馬を輩出し社台ファームを代表する名牝。

ダンスインザダーク産駒の特徴

ダンスインザダーク産駒は、 若いうちはトモが甘く坂のあるコースは一息なことが多い。
ただ、一旦本格化すれば、坂のあるコースも克服し弱点を補うだけの成長力がある。 スラリとした胴長の馬体を持つ馬が多く、父のダンスインザダーク同様に長距離にて真価を発揮するタイプが多い。 本格化は3歳秋以降と遅く晩成傾向にあるため、サンデーサイレンスの中ではステイヤー色が強い種牡馬と言える。
産駒一覧

種牡馬リンク

ディープインパクトアグネスタキオンジャングルポケットフジキセキクロフネ
ブライアンズタイム ダンスインザダークサクラバクシンオーキングカメハメハ
ネオユニヴァース グラスワンダータニノギムレットシンボリクリスエス
マンハッタンカフェ アドマイヤベガスペシャルウィークタイキシャトル
ステイゴールドキングヘイロー マヤノトップガンアグネスデジタルマイネルラヴマーベラスサンデーウォーエンブレムゴールドアリュールエルコンドルパサー
フサイチコンコルド